2011年1月5日水曜日

WiMAXを持って街を彷徨う

12月30日にビック名古屋でWiMAXを購入。
2011年はこれまで以上に外に出ての仕事が増えそうかなという予感あり。
その中でモバイル改め「ノマド」スタイルでの仕事するにはネットの接続は必要と考えた次第。
機種はURoad-7000。1円だったこともあるが、月々4000円を切る低価格で高速がウリ。
電池があまり持たない(3.5時間)というのが心配だったが、基本的にはPCとセットで動くので無問題と判断。
世間ではソフトバンクの電波事情の悪さでバックアップ用に使うことも多いらしいが、iPhoneも駄目は駄目なりに一応は繋がるので、割りきって購入。
コネクタが特殊なのでPC接続には専用USBケーブルを持ち歩く必要あり。
そしてこれは給電用で充電はACのみとあるが、検索するといろいろ逃げ道はあるらしく一安心。

てことで、暮れから名鉄岐阜駅近くの自宅やら岐阜市内数カ所のカフェで使ってみた。
結果から言えば常時2~3Mbpsは出ていることを確認する。
見た目の数字は低いが、体感的に自宅のADSLともそれほど速度が変わらない印象に驚く。
まあうちはNTTの巡り合わせはずっと以前から良くはないのだが・・・。
ネットを見てまわると、WiMAXはADSL駆逐の野望を抱えて展開しているところがあるらしい。
WiMAX公称で最高40Mbps、というのは勿論岐阜では期待してなかったが、まあ十分だなと。

で、今日名古屋へ行く際に持参してみたが、金山駅前でふっと速度を確認すると 5Mbps以上に。

流石は名古屋であるw。
今も岐阜ではとりあえず繋がる程度だが、本当に速度が上がってゆくのかも知れぬ。
自宅ADSLの契約をどうしようかとも思案中だが、ノマドスタイル自体が加速しそうな予感でもある。

ただ今日気づいたこと。
地下鉄は予想していたが地下街も結構な割合で繋がらない。
名駅の地下街をずっと歩く中、接続は殆どできなかった。
説明の中で、コンクリの箱の中はちと厳しいかもとは事前情報があったが、地下もまだ弱いとは。
ノマドの際には地下のカフェは選択から外す必要がありそうだ。

ともあれ、これでさらに行動半径が広がるのは間違いない。
コンパクトデジ一眼、PCサブノートなど現在の物欲の中で、真っ先に処理できたが、満足度も高い。

1 件のコメント:

believer さんのコメント...

地下が弱いというか、地下にアンテナを設置してないのです(汗

ただ、屋内小型アンテナの設置は進んでいるようなので、そのうち繋がるようになるようです。